小児鍼

 子供の体質は、大人に比べると非常に繊細、機敏で、軽い刺激でも効果が得られるのが特徴です。そのため、刺さない鍼として様々な接触鍼が用いられます。例えば、てい鍼、散鍼、ローラー鍼、バチ鍼。主に関係するツボ、経絡に沿って軽刺激を与えます。
治療時間5〜10分程度の気持ちのよい温灸をする場合もあります。
対象 : 生後2週間〜小学生低学年
適応症 : 夜泣き、夜驚、不機嫌、イライラ、よく泣く、爪をかむ、食欲不振、便秘、下痢、夜尿症、せき、
         風邪をひきやすい、チック様症状、虚弱体質、アレルギー体質 等

家でお母さんやお父さんが出来る治療方法や治療箇所を指導いたします。

鍼について

 (左から)
 小児皮膚鍼
 松葉鍼
 いちょう鍼
 員利鍼
 集毛鍼
 ローラー鍼
 てい鍼(バネ式)

治療例

背中をローラー鍼で刺激

   

吸玉で背中、足のツボを刺激

   

百会、神庭へ刺入

     


第3回日本中医学会学術総会「少子化問題を解決する中医学」での講演内容