中国医学視力回復法とは

 眼は部品ではなく、体全体の影響を受けています。中国医学視力回復法は、眼と内臓などの関係を考えて全身を調整し、主に経絡の流れを良くする事により、眼の周囲に滞った老廃物をを取り除き、新しい栄養や酸素を眼の組織に供給し眼の機能を高める方法です。
 主に遠位取穴法で、手足、背部のツボに軽い刺激の鍼灸を行います。顔面に刺入しないので、内出血などの心配はありません。お子様には、鍼の代わりにローラー鍼を使用することも出来ます。副作用がなく、視力の回復と症状の改善は、治療前後の比較で患者さま自身が実感する事が出来るので、意欲を持って治療を受けられます。

適応症 : 近視、遠視、乱視、眼精疲労、複視、白内障、緑内障、結膜炎、網膜色素変性症、中心性網膜症  等