耳穴痩身法

 耳穴に漢方薬の「王不留行」の種子を貼って刺激する事で、健康を維持しながら痩せる方法です。

 中医学では、肥満になりやすい主な体質傾向として下記のタイプに分かれます。

気虚太り
 代謝を促すエネルギー(気)が不足して、食べたものをうまく利用できなくなり下半身を中心に脂肪がついてしまう
気滞太り
 ストレスが強く、食欲がコントロールできずに太ってしまう。
腎虚太り
 加齢と深い関係がある「腎」の機能が衰えることによる肥満。いわゆる「中年太り」です。

 これら体質傾向に合った耳穴を中心に、一人一人に合った耳穴を刺激します。1週間に1〜2回、左右の耳を交替しながら10週間程度続けます。耳穴を刺激する事で、食欲が抑制され、味覚が変化し、大小便の量が増える等がみられます。何も変化がない場合は、5回位で中止します。

耳穴禁煙法

 耳穴に漢方薬の「王不留行」の種子を貼って刺激する事で、自主的に禁煙する「王不留行貼付法」は当院独自の療法です。週2回、1クール10回の療程。約半数の方は、治療後1週間位で味覚や嗅覚に変化がみられ、タバコの匂いが嫌いになり始め、だんだんと喫煙の時間と量が減り、タバコを吸いたくなくなります。治療と同時に禁煙に対する強い決意を持つ事も大事です。

耳穴

                   

 耳穴痩身法・禁煙法は、それぞれに効果的な穴(ツボ)に、漢方薬の「王不留行」の種子を貼って刺激します。
耳にはたくさんの穴(ツボ)があります。痩身法・禁煙法だけではなく、その他の症状・疾患にも、鍼灸と併用して耳穴療法を用います。

漢方薬の種子なので、金属アレルギー等の心配がありません。