中医学とは

 中医学理論の大きな特徴は、人間と自然界が一体になって、互いに関連を持ちながら動き機能している「整体観」です。共通性を重視する西洋医学に対して、中医学は個体性(体質など)を重視し、つねに個人の症状を基準にして病気を考えていくので、より幅広い病気に対処することが可能となるのです。
 同じ病でも「証」(その患者の症状や体質等によって異なる病気の状態)によって異なる治療を施す「同病異治」、または異なる病でも、同じ証であれば同じ治療を行う「異病同治」は、中医学の特徴とも言えます。

鍼灸治療とは

 鍼灸治療は、中医学理論にのっとり経絡(全身を巡る気血の流れるルート)を通じて各臓器の働き、気血の流れを調整し、くずれた陰陽バランスを正常に戻す考えです。
 私どもの鍼灸院では、中医学理論に基づいて中医学独特の4つの診断法(望、聞、問、切)で診断し、症状を弁別し個人の体質、症状に合った治療を行っております。

 鍼は日本人の体質に合う細い鍼で、とても軽い刺激でほとんど無痛で、灸は痕にならない温灸などを用いて心地良い刺激での治療を行っております。お子様からお年寄りまで安心して受けることができる治療です。
 鍼、吸玉、ローラー鍼、温灸、梅花鍼、食養生指導、家庭ローラー鍼、温灸指導などを含みます。

一回の治療時間は、約45〜60分です。症状により治療パターンが違います。
慢性症状、難病でお悩みの方、鍼灸、漢方薬に関することもお気軽にご相談ください。

鍼について




当院では、感染防止のため使用する鍼はすべて使い捨てです。
ディスポーザブル鍼を使用しています。

お灸

写真

お灸は、温灸器(写真左上)を使用しています。
棒灸(左下)を挿して使用します。

心地よい温かさで治療します。
簡単なつぼ灸もあります。

ローラー鍼

写真

皮膚の上にコロコロと転がすタイプの小児鍼です。
小児だけではなく、大人の治療にも大活躍です。

バッグの中にひとつ入れておけば、いつでもどこでも
自分で治療ができます。

吸玉

写真

ガラスまたはプラスティックのカップを皮膚に吸着させて
刺激を与えます。血行を良くし、新陳代謝を促進します。

症状により、赤〜赤黒い痕が残ります。
個人差もありますが、赤い痕は2〜3日、赤黒い痕は1〜2週間くらいで
消えていきます。



全員女性スタッフ

写真

女性も安心して通われるのが、スタッフ全員女性というところが
大きいようです。

女性特有の悩みも、ぜひご相談ください。